理想の人に出会う場所

最近、クリスマスが近いということで、友人とあるイベントに参加してきました。

それは街コンです。

彼氏ができればいいなという甘い期待もあり、

友人が増えたらいいなという思いもありました。

そこで、自分の理想が高いことを思い知らされました。

漫画に出てくるような男性はひとりもいなかったからです。

私の憧れの男性は、矢沢あい先生の漫画である「天使なんかじゃない」

という作品の須藤晃という人物です。

自分だけではなく、周りの人間のために動くことのできるそんな彼は、

私の理想の人だったのです。

そんな話を友人にしたら、友人は「須藤晃が街コンに来ていたら嫌じゃない?」

と言いました。

確かに、街コンで須藤晃が居たら嫌かもしれません。

街コンで理想の人物を捜すことは間違いだということに気付かされました。
めちゃフル青汁

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ